抗生物質の利用経験を原因とする歯の変色

抗生物質の利用経験を原因とする歯の変色

抗生物質の利用経験を原因とする歯の変色があげられます。抗生物質は数多く種類がありながら、その中でもテトラサイクリン系の抗生物質は歯へ着色を起こすことで知られていますのです。中でも8歳までに全てのテトラサイクリン系の抗生物質を服用したりすると、歯の本来の色自体が黄色やグレーなどの色に変化してしまいましたとしてましたんだとしてましているのです。ホワイトニングで多少はこの変色を改善することの方が出来るが、完全に白くすることが難しいだろうかとされています。軽〜中度の場合、解決策の1つとしてホワイトニングを利用することをお勧めできますが、重度の場合はラミネートベニアや被せ物、マニキュアなどのホワイトニング方法をお勧めいたします。

page top