使用する薬剤の種類

使用する薬剤の種類

オフィス・ホームホワイトニングどちらにも言えることでしたが、使用する薬剤の種類によっては飲食制限がかかることがあげられます。こちらは、過酸化水素・尿素が歯に浸透する際にいったんに歯の内部を脱水状態にすることで、外部の成分を吸収しやすくなり、施術直後の飲食の色がつきやすくなるという理由からです。また、同様の理由から施術中や施術後に痛みを生じされてしまうこともあります。近年では、これらのデメリットを解決するホワイトニングの方法も登場していますのです。過酸化水素と同時に短鎖分割ポリリン酸を使用するホワイトニングの場合、歯の内部が脱水状態になることを防ぐため痛みが起こりづらく、施術後の飲食制限が必要ありません。ポリリン酸は体内にもともと存在する生体成分で、歯の表面をコーティングして着色を防ぐなどのメリットもあげられます。つまり、痛みが少ない・飲食制限が必要なといった特徴の他、白さの持続も期待出来るホワイトニングの方法とされているのです。

page top