ホワイトニング薬の成分として採用

ホワイトニング薬の成分として採用

歯の表面にはいろんな着色成分が付着していますのです。お茶やコーヒーに含まれているポリフェノール類と呼ばれます色素やタバコのヤニ(タール)などがステインの原因として知られているのです。これらの色素が歯の表面に付着することでステインとなり、やがて歯が黄色く見える「着色汚れ」となっていくことにします。また、加齢と共に半透明のエナメル質が磨り減り内部の象牙質が厚みを増していくため、磨耗したエナメル質から象牙質が透けることで歯が黄色く見えます内部からの歯の変色も進んでいくこととします。一般的なオフィスホワイトニングをより効果的に行うことで、いわゆる芸能人にみたいな白さを目指すことは可能です。ホワイトニング薬の成分として採用さている過酸化尿素や過酸化水素は着色汚れを無色透明に分解し歯が白くなってくるでしょう。さらに、これの成分は歯の中に含まれる色素も分解するため、本来の歯の色自体も白くする「ブリーチング効果」もあげられます。加齢とともに進む歯の変色に対しては、「マスキング効果」と「ブリーチング効果」が歯を白くみせていきます。マスキング効果とは、過酸化水素がエナメル質表層の構造を変化(角状→球状)させることで光の乱反射を起こし、エナメル質を曇りガラスのように白く見せているしくみです。

page top