「ホワイトスポット」と呼ばれるもの

「ホワイトスポット」と呼ばれるもの

人によっては、歯の一部が白くぼけやている人もいるのではないだろうか?こちらは「ホワイトスポット」と呼ばれますものが考えられます。ホワイトスポットとは、歯の表面にまだらにできる斑点状の白濁です。ホワイトスポットの原因としては、エナメル質が形成されてしまう8歳までに栄養が足りていなかった・肺炎などにかかった・虫歯による炎症などがあると言われていますのです。また、大人になっておりからでも虫歯菌などが原因の「強い酸」などを放置しておくと、エナメル質が溶け出してホワイトスポットになることもあげられます。こういったホワイトスポットを解決する手段の一つとしても、ホワイトニングが有効と考えられているのです。ただし、ホワイトニングでホワイトスポットがなくなる訳ではありません。ベースの歯の色が白くなることで、ホワイトスポットが目立つ原因となっていた「色の差」を軽減出来るという点でホワイトニングが役立つというものだ。

page top